本田未央を愛する、大好き、と言うプロデューサーがPカツにあたって利用するwikiです。現在『Twinlkle☆☆★Stars』『とーくとぅみーお』のプロダクションメンバー及び協力者の方がご利用出来ます。


トークバトルショー(工事中)

ユーザーそれぞれで編成する5人編成のミニチームが、さらに大きな括りの大チームに自動的に束ねられ、
その大チーム同士で争う事になるイベントです。
ラウンド中は、大チーム4つがマッチングされ、ポイントを競い合う形式となります。
上記の通り、5人編成のミニチーム戦形式となっており、未央嫁プロでは毎回プロチャでミニチームの募集を行っています。
各自でしっかりと参加しておきましょう。

フロントの戦力、ぷちデレラの戦力、アイテムの在庫等、自身の地力が結果に直結する(つまりライバルが強い)上、
イベント自体も覚える事が多く、難易度の高いイベントです。
また、ラウンドで想定されるアイテム勝利量とラウンド専用アイテムの個数がつりあっておらず、
ラウンド上位チームを狙って本気で戦おうとすると、必然的に生アイテムを大量消費してしまいがちです。
どれだけ戦うかは、ポイント順位点の獲得状況次第でしっかり考慮した方が良いでしょう。

なお、自分の守編成の上から3人は、ライバルユニットとして他チームメンバーのバトルに出現します。
もちろん守編成チーム名も相手に表示されるので、嫁アピールに利用しましょう。



必要ステータス

  • スタミナ:イベントお仕事を走る為に使用する

必要アイテム

  • TPキャンディ/TPキャンディ1/6:プラチケ1枚で1/6が3つ補充可能
  • ラウンド専用ドリンク:1ラウンド毎に毎回一定量支給される無料アイテム。
ラウンドが終了するごとに消滅するので、余りを出す事なくしっかり使い切るべし

基礎知識

-ライバルユニットとの戦い
お仕事を走っていると一定確立で発生する。
ライバルユニットとの戦いは、同時に3ユニットまで発生する。
それ以上は、発生している戦いのどれかを終了させ、2ユニットまで減らさないと発生しない。
一定時間が経過しても、自動的に戦闘が終了する。

-トークバトル
通常ライバルユニット。
ポイントやメダル稼ぎと言う観点から見ると、旨みの無いユニット。
とはいえ、誰かが処理しなければ下記の重要なライバルユニットが出現しないので、ある程度は処理に参加する必要がある。
時間に余裕があれば、時間経過の自然消滅を待つのも○。

-ポイント横取りチャンス
倒すことでライバルチームからポイントを奪う事が出来るライバルユニット。
このユニットを3回倒す事で、下記のポイント大量横取りチャンスにつなげる事が出来る。

-ポイント大量横取りチャンス
ポイント横取りチャンスを3回成功させ、ミツボシが点灯している状態でお仕事を走っていると、一定確立で出現する。
出現後は、発生者が戦いを仕掛けるチームを選択する必要があり、数分以内に選択しないとせっかくのチャンスが消滅してしまうので注意。
戦いを仕掛けるチームは、基本的にはポイントを多く奪える相手を選択すれば良いが、
慣れてきたら、ラウンドチーム上位を狙うに当たってライバルと見ているチームや、
防衛シールドを一つも持っていない・無いし数が少ないチームを集中砲火する等、状況によって考慮すると良い。

このイベント戦の目玉となる、非常に重要なライバルユニット。
名前の通り、ライバルチームからポイントを大量に奪う事が出来、バトルで得られるポイントやメダルも飛びぬけて多い。
ラウンド後半では、このユニットをいかに多く出現させ撃破するかと言う、各チームのデッドヒートとなる。

-チームポイント防衛シールド
倒すことで、ポイント横取りからの防御シールドを獲得出来るライバルユニット。
ポイント大量横取りチャンスで他チームからポイントを奪われてしまう際、
このシールドがあれば、奪われるポイント量を大きく軽減する事が出来る。
同時に3つまでストックする事が可能。
ゴールデンタイムに入ると(横取りチャンスの出現率が上がるので)出現率が低下するので、その前に3つストックしておくと安心。

-パフォーマンスレベル
倒すことで、ポイント大量横取りチャンス時に自チームに一定量のパワーアップ効果を齎してくれるユニット。
パワーアップ効果は最大で50%(1.5倍)。50%以上は増えないので注意しよう。
ポイント大量横取りチャンスでしか効果を発揮しないが、
ラウンド後半になるとこの数値を稼いでいたかいないかが大きく響いてくる。
チームポイント防衛シールドと同様、ゴールデンタイムに入ると(横取りチャンスの出現率が上がるので)出現率が低下する。

-コンボボーナス
ドリームliveフェスティバルと似た仕様で、ご多聞に漏れず、他者と交互に殴ると大きくボーナスが増える。
ただし、TBSはライバルユニットのHPが低く、
コンボボーナスが乗り切る前にライバルユニットが沈む事が極めて多いので、あまり意識しなくても良い。
HPの多い大量横取りライバルユニットにしても、コンボボーナスを意識するよりもいかに何度も殴るかが重要なので、やはり意識する必要は無い。

-MVPボーナス
トークバトル全般において、ライバルユニットのHPを最も多く減らした(ポイントを稼いだ)人が得られるボーナス。
1位、2位、3位までボーナスが貰えるが、基本的に、戦うからには1位を狙った方がいい。

-アンコール
オーバーキル分のダメージもしっかりポイントとして換算して貰えるシステム。
トーク上位者の算出にもしっかり計算されるので、
他者に50%↑削られていたとしても、アンコールのお陰でMVP1位を掠め取れたりもする。

実際の走り方

-攻メンバー編成について
他のイベントに比べてライバルユニットの攻撃が非常に激しく、編成アイドルのHPが0になってしまう事がザラ。
当然、戦闘中にHPが0になってしまったアイドルはその後の攻撃に参加出来ないので、結果的に稼げるポイント・ダメージが減少する。
この為、余程戦力に自身があるでもなければ、リーダーは攻守デバフ特技の者を推奨。
それでもアイドルが落ちてしまう場合は、2番手・3番手編成に攻守両面アップ特技を配置する等のケアも必要となる。
実際にライバルユニットと戦ってみて、どれだけ編成アイドルが落ちてしまうかを確認しつつ編成すると良い。

-守メンバー編成について
上記の通り、編成メンバーの上から3人までが、ライバルユニットとしてイベントに出現する。
設定したチーム名も当然反映されるので、嫁アピールから推しユニット編成等に楽しく活用しよう。

-実際の所どう走れば効率が良いのか
なるべく高Lvのユニットをフルパワーで殴り、ラストアピールを狙いつつ常にMVPを狙えば良い。
大量横取りチャンスは非常に美味しいので、こちらでも逃さずMVPを狙うべし。こちらに限れば参加報酬だけでも美味しい。

ただし、大人数同時参加のチーム戦なので、思い通りに行かないこともしばしば。
順位点報酬を狙う=チームラウンド上位を狙う場合はさらに難しくなる。

どなたでも編集できます

メンバー募集!